本日の朝礼は「ぶれない信念」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20150227おはようございます。

人生にはターニングポイントと呼ばれる重大な転換期があります。そして、その都度重大な選択を迫られます。では、Aの道とBの道がある場合、あなたは何を基準にして道を選びますか。

自分の思いを実現する。家族を幸せにする。社会をより良くする。人を喜ばせる。大きなことを成し遂げて有名になる。どのようなものであれ、大切なことは、ぶれない「信念」を持って道を選ぶことです。だからこそ、AとB、どちらの道も「信念」に沿わなければ、勇気を持って、新たなCの道を切り開くことも重要です。
 
社内では、

「祖父や父から受け継いだものがあります。それは『人から後ろ指をさされない生き方をする』ということです。これからも前を向き、人さまに恥じることのない生き方を貫き、その姿を今度は自分の息子たちに示し、伝えていきたいと思います」

「今の時代は信念を持たず、ぼんやりしていても生きていくことはできます。むしろ信念を持って生きることの方が大変です。ただ、私自身はどれだけ大変であっても、主体的な人生を歩むためには、信念を持って生きなければいけないと考えています」

「信念を持って決断することも重要ですが、信念を持って耐えることも同じくらい重要です。目の前にある面倒や苦労、嫌なことから逃げず、まずは信念を持って苦難に耐える。そして時機を見て決断する。それが自分の人生を築くことだと思います」

という意見が出ました。

自分が進む道を決めたのであれば、あとは勇気を持って、一歩一歩を積み重ねていくしかありません。たとえその道がいばらの道であっても、決して逃げ出さず、信念を持って努力を続ければ、きっとその道は成功につながる道になるはずです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial