今日の朝礼は「わかっているはず」です。

おはようございます。

上司からすれば「わかっていて当然だ」ということであっても、いきなり「どうなっている」と聞けば、部下は答えられないこともあると思います。「どうしてそんなことも確認していないんだ」と怒る気持ちもわかりますが、部下の立場からすれば「いきなり『そんなこと』言われても」という思いもあります。これはどちらかが悪いというものではなく、お互いに事前の確認をしていないことが問題の本質です。「わかっているはず」という思い込みで話を進めるのではなく、事前にきちんと内容の確認を取りましょう。そうすればミスを防ぐことができ、また仕事をスムーズに進められます。

社内では、

「思い込みで仕事を進めてしまうと、偏った考えになったり、お客さまの思っているものと違うものになったりしてしまうことがあります。1つ1つを確認するのは大変面倒ではありますが、より質の高いもの、よりスムーズに仕事を進めるためには、その確認こそが大切です」

「上司や部下だけでなく、取引先やお客さまでも同じことは起こり得ます。双方の知識量や経験、常識や認識のずれは必ずあります。それらのずれを打ち合わせや話し合いで修正していき、それらを共有してから仕事を進めればミスはなくなると思います。事前確認をしっかり行い、仕事に取り組んでいきます」

「事前にきちんと確認を取っていたとしても、あとで『言った・言わない』という問題になることはよくあります。だからこそ、きちんとメモを取り、大切なことは文書にしてお互いに共有することが大切です。今であればメールを一本送付しておけば、その問題はほぼ解決できます」

という意見が出ました。

言わなくてもわかっているはず、ということは仕事においてマイナスになることが多々あります。お互いにしっかりとコミュニケーションを取り、役割や重要ポイントを確認、共有することでミスを防ぎ、質の高い仕事をしていきましょう。

今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial