本日の朝礼は「挨拶のチカラ」です。

おはようございます。

あなたは1日に何回挨拶をしますか。「おはようございます」や「お疲れさまです」だけが挨拶ではありません。挨拶は相手に対して、敬意や親愛を示す行為です。人間関係を円満にし、社会生活を円滑にする潤滑油のような存在です。あたりまえのことですが、自分が行動を起こすときは、必ず相手への挨拶を忘れないようにしましょう。挨拶は人とつながるために必要なものです。

社内では、

「挨拶をするときは、ボソボソと小さな声でするのではなく、腹から声を出すようにしています。人が集まってくる人や、周囲から信頼される人になるための基本に挨拶はあります。だからこそ、仕事、プライベートを問わず、挨拶は『まず自分から』を心がけています」

「挨拶は相手と親しくなるためのきっかけです。全く知らない人であっても、『こんにちは、いい天気ですね』から話を始めることができます。逆に対立関係にある人や苦手な人に対しても、『おはようございます』と挨拶をすることで、負の感情を交えずに話を始めることができます。挨拶は人間力の基本です」

「挨拶をしたときに、きちんと相手に向き合って返事をする人と、声だけで返事をする人がいます。返事をしないよりはマシですが、やはりきちんと向き合って返事をしてくれる人の方が、『挨拶をしてよかったな』といい気持ちになれます。自分から挨拶をすることが基本ですが、相手への返事もきちんとしなければいけません」

という意見が出ました。

 日本で430万部以上、全世界で1500万部以上刊行された世界的大ベストセラー『人を動かす』の著者、デール・カーネギーはこのような言葉を残しています。

人に好感を持たれたければ、誰に対しても挨拶をすることだ。
挨拶ほど簡単でたやすいコミュニケーション方法はない。

挨拶は人と人の関係の根本にあるものです。形式的にすることなく、気持ちを込めてしっかり相手の心に届く挨拶をしましょう。

今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial