本日の朝礼は「短い言葉で」です。

おはようございます。

コミュニケーションにおいて、会話は大切です。その会話において、言葉は重要な役割を担います。さて、あなたはどんな言葉で何を伝えていますか。その言葉は、本当に相手に伝わっていますか。自分の言葉と、その使い方を吟味しましょう。

社内では、

「常に短い言葉で伝えることが、正解だとは限らないと思います。ときと場合、相手に応じて、言葉を選び、伝えていくことが必要です。多弁なほうが、熱意を伝える場合もあると思います」

「相手に参加の余地を残しておくことが、コミュニケーションには欠かせません。全て語ってしまうよりも、相手に質問させるということも、ときには必要ではないでしようか」

「まるで自分のことが書かれていました。もっとよくまとめてから発言することで、相手にも伝わりやすくなるのだなと反省しました」

という意見が出ました。

1人で好きなようにしゃべっていても、相手には何も伝わらないでしょう。相手のことを考え、どんな言葉で、どんな表現で、何を伝えるのか。そのことを常に意識していたいものです。相手に配慮することが、コミュニケーションの第一歩です。

今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial