本日の朝礼は「父の戒め」です。

おはようございます。

親に教えられたことで、今でも心に残っていることはありますか。それは、今のあなたにとって、大切なものですか。

社内では、

「慢心は堕落の始まりだと思う。けれど、慢心というものは、なかなか自分ではわからない。自分の慢心を正しくチェックできる人でありたい」

「そこまでこだわる必要があるのか、と感じたときには『ある』と考えて仕事をしています。『ない』と判断すると、それ以上伸びないからです」

「『叱ってくれる人』というのは貴重な存在です。そういう人がいると、慢心を指摘してくれるはずです。お互いにそういう関係をつくりましょう」

という意見が出ました。

同じ言葉でも受け取る人によっては、貴重な戒めにもなれば、余計なお世話にもなります。まず素直な耳を持ちたいものです。そして、慢心をチェックできる厳しい自分になりましょう。

それでは、今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial