本日の朝礼は「奥歯がぐらぐら」です。

おはようございます。

先輩・後輩のつながりは、いろいろありますが、あなたの職場ではどうですか?後輩は、日頃のストレスから奥歯がぐらつき、中の良い先輩に相談を持ちかけました。

社内では、

「教える側には、先輩なのだから、それなりの配慮は必要だと思う。そんなこともわからないのか、と言われても、今の世の中、わからない後輩は多いかもしれない」

「これまでの人生を振り返って、印象に残る先輩は、厳しい人たちだった。そういう厳しさが私を育ててくれたのだ」

「どんな指導であれ、相手を思う気持ち、愛があるかどうか。そこが問題だと思う。教える側、教わる側に、そういう思いがなければ、人は育たない」

という意見が出ました。

厳しい人は自分にもきっと厳しい人です。相手の明日を考えるからこそ、今日厳しくする。そこが伝われば、先輩・後輩、ともに育っていける関係を築くことができるはずです。

それでは愛を込めて、今日も、みんなそろって「ついてる! ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial