本日の朝礼は「資質を生かす」です。

%e6%9c%88%e5%88%8a%e6%9c%9d%e7%a4%bc_%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%b1%e5%87%ba%e7%89%88_20161213おはようございます。

平安時代初期の僧で、真言宗の開祖である空海は、「聖君が人を使うにあたっても、その人の性質を奪うことなく、その人に合ったところを得させるものである。だからこそ、曲がったところも、真っ直ぐなところも、使用するにあたって失うことなく、賢者も愚者も、その人の器次第で功績を上げるのである」という文章を残しています。

社内では、

「上司は、さまざまな部下の性格や特性を見抜き、よい部分を伸ばして、苦手な部分を底上げする力が必要です。そのような視点で部下を見て、適材適所を心掛けています」

「他人の特性を見ることも大切ですが、まずは自分の特性を知ることが重要です。仕事では自分の特性を伸ばすことが求められるため、自分がどのようなことに向いているのか、どのような強みがあるのかなどを今一度、見直すつもりです」

「その人に合った仕事を与えられることが理想ですが、そればかりでは仕事は回りません。仕事は誰かがしなければなりません。そのためには、各個人が自分の持ち味を伸ばし、さまざまな仕事に対応できる力を付けることが必要です。それは、上司の仕事でもあると同時に、自分で気づくべきことでもあると思います」

という意見が出ました。

職場や日常生活では、部下や後輩、子どもをよく観察することが大切です。たとえば、同じ作業を根気強く続けることができるとか、人と話をするのが好きなど、性格は千差万別です。その人に適した指導をして、その資質を最大限に生かすことが大切です。さらに自分の特性にも目を向けて、今一度自分の得意なものは何かを見直してみましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

#月刊朝礼 #朝礼

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.