本日の朝礼は「朝を味方に」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20150709おはようございます。
本日の朝礼は「朝を味方に」です。

アップル社のCEOであるティム・クックさんは、毎朝3時45分に起きているといいます。朝の時間をメールの処理やジムでの運動にあて、それらが終わってから通常の業務を始めます。仕事ができる人は、朝を有効に活用しているのです。

現代は、夜ふかしをする人が増えています。夜ふかしをする生活習慣を見直し、早起きサイクルに変えましょう。

社内では、

「毎朝早く起きて、何種類かの新聞を比べて読むことが日課です。出社前にゆとりのある時間を持つことで、落ち着いた気持ちで仕事を始めることができます。また、自分自身の見識も深まりますので、これからもずっと続けたい習慣です」

「今まで、毎日仕事が忙しく、ゆとりのある時間がもっとほしいと思っていました。しかし、あらためて考えると、いつもダラダラと夜ふかしをしていたことに気づきました。これからは、できるだけ早く寝て早起きをし、朝をゆったりと過ごし、自分のための時間に使おうと思います」

「朝早い時間は、静かで集中できるので、クリエイティブな作業に向いています。新しい商品の企画など、慌ただしい時間帯にはなかなか進められない仕事があります。今後はできるだけ早めに出社し、それらの仕事に取り組んでみようと思いました」

という意見が出ました。

「早起きは三文の徳」という諺があります。朝早く起きれば、健康によく、仕事や勉強がはかどって得をするという意味です。睡眠時間が短いと、たいていの人は能率が低下し、仕事がずれ込んで残業になり、帰宅が遅くなり、眠るのが遅くなるという悪循環に陥ります。一日の仕事を効率よく進めるためにも、早起きの習慣を始めましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.