本日の朝礼は「思いに沿ったもの」です。

%e6%9c%88%e5%88%8a%e6%9c%9d%e7%a4%bc_%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%b1%e5%87%ba%e7%89%88_20161125
 
おはようございます。

ゲンダイ出版の代表取締役社長、真子茂さんは、「お金になる文章の書き方」の講演で、「ものを書く仕事で、お金をもらうためには、読み手を意識しなければならない」と述べています。お客さまの期待に応える仕事ができてこそ、本当のプロといえるのです。

社内では、

「営業をしていますが、お客さまの期待以上の提案ができてこそ、本当のプロだと思います。お客さま第一で取り組むことが、何よりも大切です」

「ライターの心得が書かれていますが、どのような仕事でも『正しさ』を身に付けることは必要です。『正しさ』は、お客さまによって異なりますが、それに臨機応変に対応できることが重要だと思いました」

「『書くこと』に必要なのは、『主語、述語を意識する』『1つのものを指す単語を統一する』『用語は誤った使い方をしない』と真子社長は言っています。SNSなどの一方的な発信ツールでなく、お客さまが求める文章を書けてこそ、プロです。その点に気を付けながら、文章力を磨いていきます」

という意見が出ました。

「お客さまが何を求めているのか」を常に考え、その要望に沿ったものを提供するのが、プロの仕事です。その要望に付加価値を付けて、さらにお客さまに喜んでいただくために、何ができるか、全力で考えることが、今、全ての職業で求められているのです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

#月刊朝礼 #朝礼

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.