本日の朝礼は「共感スピーチ」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20151109おはようございます。
本日の朝礼は「共感スピーチ」です。

ビジネスマンは、商談での挨拶、勉強会への参加、新しい部署など、自己紹介をしなければならない状況がたくさんあります。そのようなとき、短い時間で相手に好印象を与える必要があります。短い時間で好印象を与えるよい方法は、相手の共感を得るような話をすることです。

聞き手を引き込むためには、自身が未来の目標に向かってどのように考え、行動を起こしているのか、というふうに話すと、共感を得やすくなります。一方、反感を買いやすいのは、成功しているという自慢話です。

何をどのくらい話すのかを決めて、日頃から練習しておきましょう。

社内では、

「言いたいことを端的に話さないと思いは伝わりませんし、長々と自己主張しすぎると嫌悪感を与えかねません。やはりテーマを絞り、短い時間で、必要な情報を伝えることが大切だと思います。必要な情報のなかに、目標に対していかに実績を積んでいるか、という前向きな話が含まれていると、より聞き手を引き込みやすいと思います」

「私は人前で話すことが苦手です。勉強会などに参加しても、印象に残らないような自己紹介ばかりしていました。しかし、毎朝、朝礼で1分間スピーチをしているおかげで、人前で話す度胸がついてきました。知らないうちに自分の欠点が克服できており、嬉しいです。これからは、より自分の個性を理解してもらえるようなスピーチができるように、努力します」

「初対面の場面で、人に自分の印象を残すことは、とても難しいことだと思います。相手に自分のことをわかってもらうためには、『自分を知る』という意味も込めて、日頃から取り組んでいることなどをまとめておくことが重要です。そうすることによって、いざというときでも、短い時間で自分を理解してもらえる話をすることができるのです」

という意見が出ました。

自己紹介は、知らない者同士が心の交流を始めるきっかけとなるものです。自慢話や脈絡のない長話ではなく、謙虚な姿勢で話をすると好感を持ってもらえます。相手が好感を持ってくれたということは、自分の特徴を印象づけられたことになり、後の商談や名刺交換など、人間関係の広がりにつながるのです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.