本日の朝礼は「人生の棚卸し」です。


 
おはようございます。

仕事が認められないとか、待遇に不満がある、もっと実力を発揮できる職場があるはずと考え、転職を考える人がいます。もし、現状に不満があるならば、今一度、自分は、今の会社で前向きに仕事をしているか、どのような創意工夫をして業務に取り組んでいるかを見直してみましょう。

社内では、

「転職をしようと思ったことはありませんが、常に会社の役に立っているか、お客さまに喜んでいただいているかを意識して仕事をしています。改善の余地はさまざまなところにあると思うので、いつも自分の強みを生かせるアンテナを張るよう心掛けています」

「転職を経験したことがありますが、履歴書や職務経歴書を書くときは、冷静に自分を客観視できました。そして新しい会社で、これまでに培ったスキルをどのように生かして貢献できるかを伝えて、採用されました。今は、スキルを生かし、貢献できています」

「先輩は定年後に再就職しましたが、その人柄を慕って、先輩に仕事を頼みたいという人が多いそうです。会社に属していても『あなたと仕事がしたい』と言ってもらえるキャリアを積んでいきたいと思いました」

という意見が出ました。

ある会社の人事部長は、中途採用の面接をするとき、『あなたは、今の会社に何を残してきましたか』と尋ねるそうです。今の会社で業績を残していない人は、この先、何年勤めても、役に立たないからだといいます。転職にかかわらず、キャリアの棚卸をし、自己分析することが大切です。今の自分に足りないものは何か、どうすれば今以上、会社に貢献できるかを、あらためて考えてみましょう。きっと道は開けるはずです。    

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

#月刊朝礼 #朝礼

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.