本日の朝礼は「レジリエンス」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20151001おはようございます。

レジリエンスという言葉があります。それは「逆境から立ち直る力」のことです。逆境から立ち直るために必要な要素は、次の4つです。

①感情をコントロールする力 …… 何ごとにも一喜一憂せず、感情を制御する力を持つこと。

②自尊感情 …… 課題に対して最初から無理と決めつけず、自分の力を過小評価しないこと。

➂自己効力感 …… 失敗を繰り返すなかでも、少しずつ成長していると感じられること。

④楽観性 …… いつかできるだろうという気持ちを持つこと。

あなたは逆境から立ち直るための要素を持っていますか。

社内では、

「営業をしていると、お客さまからクレームを言われたり、上司から叱責を受けたりすることがあります。しかし、それでダメージを受けているようでは、営業は務まりません。苦しい状況に置かれたときこそ、柔軟な考え方で切り抜けていくように心掛けています」

「私の考え方は、『駄目かもしれないけれど、とにかくやってみよう、なんとかなるさ』です。最初から無理と決めつけず、やってみたら何らかの結論が出るだろうと思って、何ごとも前向きに取り組んでいます。何度も逆境に立ってきましたが、その考え方で切り抜けてきました。これからは、①と➂も取り入れながら、よりしなやかに物事をこなしていきたいと思います」

「人生は逆境の連続で、思い通りにいかないことが普通です。嬉しいこともあれば、立ち直れないほど落ち込むこともあります。しかし、日頃から人生には良いことも悪いこともあるのでそれほど驚かないと考えていれば、大きく心が折れることはないと思います。そうしたなかで失敗を乗り越えると、成長した自分に気づけるのではないでしょうか」

という意見が出ました。

厳しい競争にさらされている現代、心が折れそうになったときに必要になるのが、レジリエンスです。レジリエンスは「精神的回復力」「耐久力」などとも訳される心理学用語で、わかりやすく言うと「しなる心」のことです。それは、逆境に立ったときに役立ちます。仕事でも家庭でも苦しい状況にさらされる場合は多々あります。そのような状況に負けることなく、前向きに、しなやかに乗り越えていく心の持ちようが重要です。これからも強い心を持つために、自分を律していきましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.