本日の朝礼は「ハチドリはあなた」です。

%e6%9c%88%e5%88%8a%e6%9c%9d%e7%a4%bc_%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%b1%e5%87%ba%e7%89%88_20160929おはようございます。

Uターンで地元に戻ってきたSさんは、地域の子どもたちのために紙芝居を行っています。ふとしたことで、近所のAさんが紙芝居のポスターを自分の店に貼ってくれていることを知ります。AさんはSさんの活動に共感し、自主的に協力してくれていたのです。それは小さな力ですが、Sさんに大きな勇気を与えました。

社内では、

「廃品回収などの地域のボランティアには、積極的に参加するようにしています。地域のために貢献することは、子どもたちの未来を良くすることにつながると思います」

「通勤の道すがら、ゴミを拾っている先輩を見て、自分も見習おうと思いました。言葉ではなく、行動で示すことが大事だと思いました」

「『自分の力などたいしたことがない』と考えていましたが、地域を活性化するためには、一人一人の小さな行動が重要なのだとあらためて意識しました。これからはできることを実行していきます」

という意見が出ました。

南米の先住民が言い伝えている物語に、このような話があります。「森が火事になったとき、クリキンディという名のハチドリは、いったりきたり、くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、火の上に落としていました。ほかの動物たちがそれを見て笑うと、クリキンディは言いました。『私は私にできることをしているだけ』」

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.