本日の朝礼は「みじめ」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_201607019おはようございます。

詩人、河野進さんの「みじめ」という詩を紹介します。

 あの人は
 まだお礼を言わない
 忘れたのとちがうか
 ふと思った瞬間
 きたないみじめな自分にあきれた

社内では、

「誰かに親切して、相手からお礼がないと、不満を持ってしまうことがあります。そんな自分自身の心に気づき、あらためて反省しました。今後は純粋な気持ちで、人に優しくできるようにしたいです」

「人に何かをしてあげるときは、その人からの見返りを期待しないようにしています。人のためではなく、あくまで自分のために『させていただく』意識が大切だと思いました」

「見返りを求めないことの大切さに、あらためて気づきました。その一方で、自分が誰かに親切にしてもらったときは、お礼を忘れないようにしようと思います」

という意見が出ました。

親切な行いをする場合は、相手から感謝や返礼がなくても、自分に至らないところがあったのではないか、と省みる姿勢を忘れないようにすることが大切です。さらに、相手の幸せを祈る気持ちで、真心を込めて接することを心掛けましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.